年金収入だけでもクレジットカードも作れますし、キャッシングカードも申し込めます

所得証明書不要カードローン審査なら年金収入のみの方・専業主婦でも借りれます!

年金収入だけでもクレジットカードも作れますし、キャッシングカードも申し込めます

少し前のお話ですが、年金で生計を立てている母から相談されました。
「来月姪っ子が出産予定で、お祝いを渡したいのだけど年金からだと大きな金額を出す事が難しい」年金でもキャッシングが可能なクレジットカードってないだろうか、と言う相談内容でした。
正直無理ではないかと思いましたが相談された以上調べてみようと思い、インターネットで色々と検索してみました。
そんな中興味を惹く内容の情報を見つけ、更に詳しく調べてみる事にしました。
私が興味を持ったのは、銀行系のカードローンです。
消費者金融のように所得証明証や源泉徴収票を提出する義務がなく、例えば私のような専業主婦や母のような年金所得者でも契約が可能というのです。
母の希望に添える内容なのか、更に詳しく調べてみる事にしました。

まず詳しく調べたのは、本当に年金受給者でも問題なくクレジットカードを作れるのかどうかです。
私のイメージでは収入が証明できるものがなくてもいいと言っても、きっと厳しい審査があるのではないかと思っていました。
と言うのも、私自身が何度か急な物入りで、消費者金融で借り入れが可能か申込みして審査が通らなかった経験をしていたからです。
何社かネットからの簡単診断をしてみたところ、年金所得者の母でも本当にキャッシングが可能と診断していただけたのです。
それでも疑い深い私は、何故審査が通るのか更に調べてみました。
銀行系のカードローンは貸金業法と言う法律の適用外の為、所得証明証や源泉徴収票など年間収入を確認する為の書類の提出が義務付けされていないのです。
また年収の3分の1の借り入れ制限をする総量規制の対象外になっている為と言う事が分かりました。
年収による申込み制限がない事から、母のような年金所得者や私のような専業主婦などでも借り入れが可能と言う訳なのです。

ここまで調べてみた結果母にも安心して勧められると思いましたが、もう1つ不安な要素がありました。
そんないい条件でクレジットカードが作れるのならば、金利が膨大に高いのではないかと言う疑問です。
キャッシング出来たのはいいものの、高い金利だと年金暮らしの母ならば返済が大変ではないかと思ったからです。
もちろん会社により金利に違いはありますが、なんと一般的な消費者金融の金利よりも低いじゃないですか。
これだけの条件が揃ってるならば、母にも安心して勧められると思い紹介しました。
無事クレジットカードを作成しキャッシングをした母は、出産祝いを贈る事が出来満足してくれました。